自動車の凄い技術

自動車の凄い技術がどんどん

自動車の安全技術は日進月歩

各自動車メーカーは自動運転の開発に力を入れています。2020年代に入ると、夢物語ではなくなってくることと思いますが、現時点でも安全技術の発展により、部分的に自動運転が可能になってきています。たとえば、前方を走る自動車と一定の距離を保ちながら走ることができ、ブレーキを踏んで減速したら、それに合わせて自動でブレーキがかかり衝突を回避することができたり、居眠り運転をしてしまい、中央ラインからはみ出しそうになったら、自動で修正することができたりします。これらの安全技術は、レーダーやカメラが人間の目の代わりになって働くことによって可能となっています。

車の安全技術の進歩の凄さ

自動車の安全技術は年々進化を遂げており、少し前では考えられなかったことも徐々に実現し始めています。その一つが、自動ブレーキです。軽にも標準で装備されるようになったこの機能は、カメラによって車の前方を監視し、車や歩行者に衝突する危険性がある時は、自動でブレーキをかけて衝突の回避や被害の軽減を図ります。この技術は、衝突事故の防止や被害の軽減に大きく貢献しているのです。また、前方に十分な車間距離が無い時に警報音を鳴らしたり、自動車が走行中に車線からはみ出しそうになった時に警告する車線逸脱警報なども、安全を守る技術として導入が進んでいます。

↑PAGE TOP