自動車のすごい進化は

自動車の安全性の凄さ

自動車が安全な乗り物である為に

最近の自動車の安全性能は進化し、自動ブレーキや車線逸脱警告、前方の歩行者などをあらかじめ感知し、運転者に認識させるなどの高いスペックが搭載されるようになりました。経済成長をけん引してきた自動車製造業が、交通事故を増やしてきたことも確かで、性能の向上とともに事故被害が大きくなり、常に安全性への配慮されながら、このような高いスペックが実際に衝突被害や運転者のサポートを行い、事故が減少する傾向が見られる都市もあることは事実です。しかしながら、運転者のモラルは先進技術が高くなることと比例していないのが現実であり、とくにオートマ限定運転免許取得者が増えたことが運転技術への低下につながり、都市部では事故が減っていないのが現実です。

日々進化する車の安全

自動車の安全性能は日々進化しています。しかしいくら技術が進歩しても運転する人間の意識が変わらなければいつまでたっても事故はなくなりません。人にぶつからないようにセンサーが感知したとしても、バックモニターによって視界が確保できるようになったとしても自動車を運転するのは人間です。新技術も使いこなせなければ意味がありません。そのためにも、ちょっとくらいなら大丈夫だという気持ちをなくして、慎重に運転する必要があります。せっかく安全性が良くなってきているのですから運転する側もより気をつけるようにしましょう。

↑PAGE TOP